病院

身体に現れやすいストレス症状に気づいたらケアが大切

決して見逃してはいけない

歯病院

現代はストレス社会とよばれるほど、ストレスを抱え込んだ人が非常に増えてきています。ストレスは目に見えるものではないですが、やがてそれは病気などで目に見えるようになってきます。病気になるまで気が付かない場合も多いため、いかにストレスを防ぐ、或いは溜め込まないことが重要になります。ストレスには身体的なものと、精神的なものに分けられ、それによって症状も異なります。身体的なものにおける症状には、倦怠感や頭痛、めまいなど軽いものから、心筋梗塞や脳卒中などの重い病気などが挙げられます。また、精神的なものにおける症状には、うつ病などが挙げられます。いずれも発症すると、日常生活に支障を来すものばかりなので、ストレスを発散させるか、精神科や心療内科などの医療機関へ速やかに相談に行くことが大切です。

ストレスを抱え込んだ人が増えてきているので、精神科や心療内科などの必要性も高まってきています。ちなみに、精神科と心療内科というのは、厳密に言えば異なるものですが、治療においては気にする必要はないため、同じようなものと捉えられることが多いです。基本的には、ストレスによって様々な症状が現れる前に訪れることが望ましいですが、病気などの発症後に訪れる人も少なくありません。そのため、精神科や心療内科などでは、ストレス自体を軽減させるケアだけでなく、これを原因とした症状のケアを行うところが増えてきました。より効率的にケアを行なえるように、まずは自分の置かれている環境を出来るだけ詳しく分析し、医師などと入念にカウンセリングを行うことが効果的です。溜め込んだストレスを見逃さず、症状が出る前に速やかに医療機関へ相談するようにし、健やかな毎日を送るようにしましょう。

不眠の治療

病棟

不眠症の症状が出ている人は、専門医がいる心療内科を受診すると、的確なアドバイスをもらえて適切な処置を施してもらえます。心療内科による不眠治療では、睡眠薬を処方するケースもありますが、できるだけ薬に頼らない治療を優先しているのです。

読んでみよう

心療内科と精神科

看護師

ただのストレスや軽い心疾患でも、放っておくとうつ病や重い精神疾患になる可能性があるので、どんな些細な悩みでも精神科医や心療内科医に相談する必要があります。また、社員を多く抱える企業には専属の産業医を用意する義務があり、産業医は社員のメンタルケアや健康管理を行なっています。

読んでみよう

心理療法で健康な心に

看護師

カウンセリングをはじめとする心理療法は、東京都内であれば、医療機関や個人開業している所等、様々な箇所で受けることができます。また、近年、人間関係が希薄となっており、相談する人も少なくなってきている点で、カウンセリングはそうした人をサポートする意義を持っていると言えます。

読んでみよう